« 【食】ミスタードーナツ | トップページ | 【観】加藤英水彩画展 »

2024年3月26日 (火)

【観】瀬戸の近代陶磁

 

明治時代の瀬戸の陶磁器

 

瀬戸市美術館で開催中の、企画展瀬戸の近代陶磁へ、行ってきました。

 

B240325

 

B240326 B240327

 

B240328 B240329

 

B240330 B240331

 

B240332 B240333

 

瀬戸で磁器の製造が始まったのは、江戸時代後期のこと。加藤民吉が、九州から磁器製造の技術を持ち帰ったことで、陶器から磁器へ転業し、磁器生産が拡大していきました。明治時代に入ると、海外輸出用の美術工芸品も、多く生産されるように。欧米におけるジャポニズム発展の、一翼を担います。今回展示されているのは、海外で高い評価を得た、明治時代の瀬戸の陶磁器。細部まで描き込んだ染付花瓶や、西洋のアールヌーヴォー様式を意識した植物の図柄など、どの展示品も高級感満点です。西洋では、調度品を飾る時、シンメトリーで配置することが好まれました。そのため、輸出用の陶磁器には、例えば鳥が向かい合うような図柄で、1対で作られたものが数多く残っています。

 

瀬戸の近代陶磁 公式HP
瀬戸市美術館 公式HP

 

瀬戸の近代陶磁は2024年4月14日(日)まで。
ワンクリックお願いします。m(_ _ *)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

« 【食】ミスタードーナツ | トップページ | 【観】加藤英水彩画展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【食】ミスタードーナツ | トップページ | 【観】加藤英水彩画展 »

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ

気になるオミミ

  • 結婚報告はふらっとでww