« 【観】ノベルティのウイスキーボトルとビアマグコレクション | トップページ | 【食】名糖産業 »

2022年5月25日 (水)

【観】愛知県陶磁美術館

 

焼物の街、瀬戸の逸品

 

愛知県陶磁美術館は、常設展示だけでも盛沢山。焼物の街、瀬戸ならではの展示品は、とても興味深いです。

 

B220609

 

B220610 B220611

 

B220612 B220613

 

B220614

 

B220615

 

神社の狛犬と言えば、すぐに思い浮かぶのは石像ですが、愛知県陶磁美術館の狛犬コレクションは、陶製の狛犬。室町から明治時代に、瀬戸や美濃で作られた陶製狛犬は、地元の貴重な文化財です。様々な釉薬を使った狛犬は、豊かな表情で愛嬌たっぷり。小型の狛犬は、特にキュートで、お部屋に飾りたい感じです。そして、瀬戸焼と言えば、陶製のレース人形を、忘れてはいけません。布のレースに、何度もしみ込ませる、泥状の粘土。その後、1300度の高温で焼き上げるため、布自体は焼けてなくなり、粘土だけが繊細なレース状の陶器となって残るのです。瀬戸の焼物技術が高いからこそ出せる、この美しさ。世界に誇れる、逸品です。

 

愛知県陶磁美術館 公式HP

 

愛知の焼物文化にふれたくなったら、
ワンクリックお願いします。m(_ _ *)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ

« 【観】ノベルティのウイスキーボトルとビアマグコレクション | トップページ | 【食】名糖産業 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【観】ノベルティのウイスキーボトルとビアマグコレクション | トップページ | 【食】名糖産業 »

ブログ村

グルメブログランキング

  • 食べログ グルメブログランキング
無料ブログはココログ

気になるオミミ

  • 結婚報告はふらっとでww